歯の消しゴムってどうなの?

歯の消しゴムで歯は白くなりません。
歯を白くするのではなく、研磨剤が入っており、歯の汚れやステインを落とします。
歯への影響が少ないようにシリコンゴムが使われています。
歯の消しゴムの先端は、磨きやすいように歯の表面のように平らな部分を磨くフラットタイプと歯と歯の間を磨くためのペン先タイプがあります。
使用する前に歯とシリコンゴムの水分を拭き取り、消しゴムの先端を歯に当て、擦るだけです。
通常の歯磨きでは落とせなかった汚れを取り除くことはできますが、あまり強く擦ると、歯の表面を傷つけ、かえって汚れが付きやすくなります。
歯茎にも直接あたるのも避けた方がいいようです。
ホワイトニング同様、歯自体を白くするものではありませんので、歯が変色している場合には効果はありません。
コーヒーや紅茶、赤ワイン、タバコなどは着色しやすく、落ちにくいものです。
好きな方は汚れがひどいなと感じた時など、たまに歯の消しゴムを使うのもいいでしょう。
費用的にもかなり安価で、薬局や通販でも購入できます。
お手軽な汚れ落としと考えれば、余計な期待もせずに済みます。