白い歯はきれいなものですが、汚れた歯を白くしようと自己流でやろうとすると、とんでもない間違いを犯していることがあります。
「白い歯」というようなCMに乗せられて、研磨剤入りの歯磨き粉を使ってしまいますが、一時的に白くはなっても、やはり歯の表面に傷をつけてしまい、長い目で見ると逆効果になるようです。
歯の表面はなめらかでなければいけませんが、使いすぎると傷になり、その細かい傷に汚れが溜りやすくなります。
歯科医院でも、トリートメントで表面の補修をしますので、研磨剤入りの歯磨き粉は歯に負担をかけているのでしょう。
それからレモンです。
美容と健康には非常に良く、台所用洗剤にもクエン酸が油汚れにも効果があると、レモンエキスが配合されているものがありますが、レモンなどの酸は歯にとっては好ましいものではありません。
歯の表面のエナメル質を溶かしてしまい、虫歯になりやすくしてしまいます。
毎日、通常の歯磨きをして白くならないようであれば、歯科医院を受診する方がいいようです。
定期受診で歯垢を取ると同時に、歯の表面を磨いてもらうと、真っ白になります。